遭難へたれにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 兄さんの暴君度 2巻編

<<   作成日時 : 2007/02/04 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

たいして続ける必要もないよーな気がするけど、せっかくなので
兄さんの暴君度の続きです。
冷静に見てみると1巻だけでも意外と鬼畜でびっくりでした。
おっかしーな??
もっと甘々ラブラブいちゃいちゃなはずなんだけどなー??
と首をひねりまくり。
兄さんに対しては完全に目がくらんでるので、殴ろうが蹴ろうが
鬼畜発言をしまくろうがいままで
「うふふふ・・・兄さんたらおちゃめだなぁ〜可愛い〜」
で済まされていたと思われます。

しかも、兄さんの鉄拳も蹴りも、対森永君の場合は愛情表現だと
脳内変換されるから、暴君度の高さは愛情度の高さ位に思って
いました。

だが・・・よーく考えてみると愛では済まされない非道発言多し。
さっき読んでたんですが特に2巻は多いなぁ・・・。
一応関係は出来たけど、兄さん2巻初期時点では森永君と恋人に
なる気ぜーんぜんないから恋人気分全否定の発言が多いのなんの。
3巻まで読んでるからいいものの、2巻の初めの頃の森永君の不憫さ
にはたまらんものがあります。
非道発言のトップはなんと言っても

2ヶ月我慢できたってことは、2ヶ月に1度でいいってことだよな?

です。
まさにはあ??

兄さんはあいを何とお考えなのでしょうか??
兄さんの方はともかく、森永君は兄さんにはっきり告白してるから
森永君が自分を好きだという自覚はありますよね??
森永君にめちゃくちゃ求められてるってわかってますよねー??
もちろんわかってて言ってるに決まってますが、そんな根本的な
部分が、不安になってくるくらいすごい発言です。

そんなんならいっそまったくやらせない方がマシなのでは?
森永君の、もともと届かないからたべられないものと、目の前の
好物にお預けくらうのとではつらさの度合いが違うだろっ!(泣)
と言うセリフを体現しまくっています。
兄さんは実は魔性なのか?あいとは忍耐なのか・・・?
下僕体質の森永君にキレるという最終手段があって良かった・・・。
でなけりゃこの人達、100年経っても関係進みませんって!!

でも、兄さんも非道発言を繰り返せば繰り返すほど、森永君がキレて
自分がドツボにはまるということをいいかげん学習した方がいいと
思うの。でも治んないんだろうなぁ。その方が楽しいからいいけど。

というわけで数々の圧制にもめげず必殺技、ブラック攻撃により
見事週一を勝ち取った森永君ですが、喜びもつかの間自分のセフレ
発言のおかげで一度も実現できず終わっちゃいます。
あれだけあれだけがんばったのに、一度も実現できないあたりが
悲し過ぎる・・・。
せめて1回か2回は実現してくれれば良かったのに〜!!

こん時の兄さんも、契約破棄はもちろんのこと、コーヒーはぶっ掛け
るわ。蹴りは入れるわ。ぶっ掛けたコーヒーを買いに行かせるわ。
暴君全開です。そりゃもう鬼!!セフレ発言は正に地雷でした!!
でも、この場合は森永君の方も悪いかも〜。

兄さん身持ち固くキヨラカに生きてきただろうに。
ろくに恋人持ったこともないっつーに(断定)いきなりセフレを持った
ことにされてるとは・・・。

純情乙女がいきなりアバズレ扱いを受けた
よーな気持ちだったのかも。


(↑兄さんを純情乙女とするのに何のためらいもないわたくし)
うううう、可哀相兄さん・・・。傷ついちゃったのね・・・。

兄さんは純情なんだから取りあつかいに気をつけないと・・・。
25歳男子でそれってどーよ・・・という意見もあろうがこの際無視する。
森永君にとってははフツーのことなんだろうなぁ。いままでにセフレ
いっぱいいただろうし。恋愛意識に差があり過ぎです。
それにしても、契約破棄なのに退学はしないのね。
退学ネタでキョーハクって見事に便宜上っていうかイイワケだなぁ(笑)

で、セフレ発言でコーヒーぶっかけた後ですが・・・。
森永君の家族問題が出てきたせいか兄さんが

なんだか森永君にやさしいのです。

2巻後半あんまり暴君じゃなくなっています。森永君の家族問題を
聞いて真剣に憤りを感じたりしています!
多分森永君の不遇な過去を聞いて、家族愛に火がついたものと思われ
ます。家族愛の強い兄さんとしては、森永君家みたいな家庭は理解
しがたいみたいですねー。
がんばれ森永君!!きみは兄さんに愛されてるぞ。かなーり家族愛
だが、愛には違いあるまい。あとはこれをがんばって恋愛に変換する
だけだ!!ずっげー難しそうだががんばれっ!!と思わず声援!

で、この時兄さんの暴君大爆発を受けたのは森永君ではなく森永兄の
国博さんでした。

初対面の他人の兄をグーで殴る兄さん!!

まさに非常識!!まさに凶暴凶悪!久々にしびれました。
常識的に生きてきた森永兄には正に青天の霹靂だったことでしょう。

この兄弟はおのおのが信じている常識に縛られてロクに話し合い
も出来てなかったようなので、兄さんの暴君爆弾を受けてちょっと
目が覚めたみたいです。荒療治はたまに役に立つこともあるんだなぁ。
2巻は実は兄さんの暴君的行動がキーポイントになった巻なんですね。

でもまぁ、他人様の兄をグーで殴って(こだわってる)問題が解決するって
めったにないことと思われますので、兄さんはもともと森永君に
使わされた仲直りと愛の使者なのかもーー♪・*:.。☆..。.(´∀`人)
・・・兄さんへの愛に目がくらんで、わたしもなにがなんだかわからんことを
書いています(汗)

でも兄さんの暴君行動も役に立つことがあるってことがわかって
良かった良かった。2巻は兄さんは和解の天使だったということにして
おきます。天使の兄さんかぁ・・・。可愛い〜〜。ぽわわわわわん。
収集つかなく終わります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
兄さんの暴君度 2巻編 遭難へたれにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる