遭難へたれにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 「恋する暴君」7章plan.2感想 GUSH2010年10月号

<<   作成日時 : 2010/10/09 23:36   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0


GUSH (ガッシュ) 2010年 10月号 [雑誌]
海王社
2010-09-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GUSH (ガッシュ) 2010年 10月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




わたくし、何だか色々ずれてるね。遅れてるね。
追いつかないとね・・・(´Д⊂グスン

という事で、こつこつと追いつく為にPlan.2の感想です。
続けてPlan.3感想までいけるといいな。

10月号の肝はなんと言ってもあれです。あれしかありません!


( ゚∀゚)o彡°ス・ウ・ツ!

( ;゚∀゚)o彡°ス・ウ・ツ!!

( ;;゚∀゚)o彡°ス・ウ・ツ!!!



しょっぱなからすみません。これはやっとかないといかんと
心に決めていた!
あーー!!兄さんのスーツ姿すっごい素敵だよね。格好いいよね!
兄さんがスーツを着てくれたのは、森永君の妄想が大爆発した
暴君ぬりえの中だけなので、これは大変貴重なショットです。

「スーツって暴君ぬりえだけだよな?」と思って速攻でぬりえを
チェックしたから間違いありません ← こういう時だけとっても迅速

かなこちゃんの進路相談に兄さんは保護者代表として行ったんですね。
流石の兄さんも大事な妹、かなこちゃんの為だったらT・P・Oを
わきまえるんだな〜。

妹の為にT・P・Oはわきまえてみたものの、もともと兄さんはスーツ
なんてキライで着たくなかったと思われます。

「あ〜スーツうぜえ〜」とか思いつつマンションに帰って、速攻で上着を
脱ぎ捨てネクタイを緩め裾をひっぱり出したのね  


だけど、着替えるのは面倒なのでそのまま読書タイムに突入したのかな?

せめて上着はハンガーに掛けようよ!と一瞬思ったのですが、大丈夫です!
そういう自堕落な人にはちゃんと奴隷・・・いや世話女房タイプの
人がかいがいしくお世話してくれるのです。
兄さんって、森永君と同居してからもぜんぜん家事なんてしてないと
思われるけど、スーツをハンガーに掛けるのすら森永君任せなんですね。

また森永君が、嬉しそうにお世話するんだこれが!
兄さんが整理好きで家事万能だったら、森永君つまんないんだろうなぁ。
前回のコーヒーを入れる森永君といい、嬉しそうに兄さんのお世話をする
森永君が個人的に超ツボです。

話は前後しますが、大学で山口君と福島教授に紹介された就職口に
ついて話している時

「お前大学に残ったら一生巽さんのドレイ人生だぞ・・・?」

と案ずる山口君に

「うん、それは承知の上だからいいんだけど・・・」

とさらっと流している森永君がもう大好き!!
他人から見たらいくらそれが悲惨な人生でも、森永君は兄さんのお世話に
生きがいを見出しているのです。
更に

「お前巽先輩大好きだな・・・」

という、ある意味ものすごい的確でヤバい突っ込みに

「うん・・・」

と、超自然に答える森永君の迷いのなさったら!!
下手すりゃカミングアウトだっつーに、おそらく山口君に自らの性癖は
バラしてないっつーに、森永君には何の戸惑いもありません。

兄さんが好きか?

と他人に聞かれたら


好き!


と堂々と答える。それが森永君。
何気ないように見えるけど、これはすごい事だと思います。
森永君の答えがあまりにも自然で迷いがないので、山口君ったら自分が
ものすごく核心を突いた質問をした事にすら気付いていません。

この森永君の兄さんが好きってのが、肉体関係も含めた好きだと
知ったら多分山口君は卒倒するな・・・ふふふふふふ。

あいかわらず細部が気になって、戻ってこれなくなっています。
私は何が言いたかったんだっけ?
そうそう!森永君は兄さんのお世話が大好きだという話です。

森永君が働いて、兄さんを支えるという未来にちょっとグラついてるのは
それが究極に兄さんのお世話をするという意味もあるからなんでしょう。
で、その事を


傲慢なんだろうか?


と自問自答しているのは、いくら家事能力がなかろうと、兄さんが
支えがないと生きていけない人ではないとわかってるからだと思います。

ぶっちゃけ兄さんは、いきなり原始時代にほうり出されても、たくましく
生きていける人だと思う。


森永君と出会わなくて、将来極貧でゴミにまみれた学者生活を送ってた
としても、それはそれでそこそこ幸せだったろう。
マッドサイエンティストタイプってそーゆーものだし(笑)

森永君がいて、生活の面倒を見てくれるのは兄さんにとって快適だろう
けど、それ自体は双方にとってオプションみたいな意識なのでしょう。
なので森永君は自分が頼れる後輩だという事を、決して過剰評価していません。

そういう複雑な上下関係って私は大好きなんだけどね。
攻が受をガンガン甘やかす設定って、受が攻がいないとなーんも出来ない人
になりがちですもんね。
攻が受をお世話してるのに、受が精神的に自立している設定って何気に
難しいと思います。

今回も、兄さんはスーツなんてしわになろうがぐちゃぐちゃになろうが勿論平気。
でも、森永君はかいがいしくお世話という素敵構図〜♪
しかも、全国の読者の願望を代表して

先輩ちょっと・・・スーツもう一回着てみてくれません?

とまで言ってくれました。


森永君GJだっ!!


似合うんですもんとニヤけながら上着を差し出すその姿は



紛れもなくただの宗一マニア



親近感感じるなぁ.。☆..。.(´∀`人)

いいじゃないですか!減るもんじゃなし・・・

と迫る森永君に兄さんが


へるよ!バカ!よるな!


と言ってるのも可愛いな〜。何がへるんだろう?
なんだかんだ言ってソファでいちゃいちゃし出す2人にテンション
上がりっぱなしですよ!
ここのあたりの森永君ったら

・・・スーツ姿が見たいってだけで変なイミじゃないのに・・・

先輩が意識しすぎなんですよ。もう・・・


って臆面がなさ過ぎです。
さらっと言ってますが

同性にスーツ姿が見たいと迫るって
十分変なイミに取れるのは私だけでしょうか?



しかも、真っ赤になった兄さんに軽くキスまでしちゃっています。
で、

あんまり意識されると逆にされたいのかなって思っちゃう

とにこっと笑ってるし。

あああああ〜こんな気軽にキスが出来るまでに成長してるよ〜〜!!

ちょっと前まで、よっぽど甘い空気になってからじゃないとキスすら
ムリだったのに、こんな日常的にキスが出来るなんて〜。
ていうか、こんなちゅっとするだけの軽いキス自体始めてじゃないですか?


キスの軽さに感動したよーーーー!!


軽いキスをして、直後にからかう事が出来るってのが既に奇跡的。
すごいなーすごいなー。関係進んだな〜〜。

兄さんの反撃方法も今回は頭突きです。
兄さんって流石中国拳法習ってるだけに、攻撃方法も多彩ので
そこを見てるだけでも楽しいです。
ビンを割って凶器にしたり、包丁突きつけたり、裏拳もあったな〜♪
兄さんの反撃ハイライト集とかあったらいいな(マニアック)

ここまで、だらだらとPlan.2の素敵シーンについて書いてて


真崎さんの事を1行も書いてない事に気付く。


うん、真崎さん来ちゃったんだね。

・・・

・・・・・・

うむ、あまり書くことが思いつかない。興味の差って恐ろしい・・・。
寧ろ真崎さんの回想シーンの国博さんが、やたら美人で受オーラを
発していた事が一番気になった(*・∀・)b

回想シーンや兄さんに会った時の態度を見てると、真崎さんって
私が思っていたより、実は常識的でいい人な気がするなぁ。
特にマンションに訪ねて行って、森永君が出てくると思いきや兄さんが
出てきた時に、ちっとも動揺せずに大人の対応しているのは
ちょっと意外でした。

兄さんと真崎さんが会ってしまったらどうしよう・・・と先月かなーり
動揺していたので、ちょっと安心してみたり。
それにしても、この時の兄さんの兄さんぶりったらハンパなかったな。

知らない人がいきなり尋ねてきた場合の対応として

「どちらさま?」

はまぁわかる。さま付いてるしな。
しかし、間髪入れず

「何の用?」


「てか誰?」


と様変わり!!こりゃすげえ!!


兄さんの三段失礼対応と呼ばさせていただこう!!


この時の兄さんは、相手が真崎さんだとは知らないわけです。
知らない人が尋ねて来たらいつもこんなんなのかしら?
流石兄さん!無礼な人です。

更にチェックすべきは決して兄さん、真崎さんを怪しい奴だと冷たくして
いるわけではないのです!
だって「てか誰?」と言い放った相手に「上がって待て」って言ってますよ〜。
つまり兄さんにとってはこれは、客人に対する普通の対応なのね。

最近、森永君といちゃいちゃで丸くなっていたので、久々に兄さんの
失礼で無愛想な姿にぽわわわわんとなっちゃったよ。


ああ失礼〜!ありえねええええ〜!!素敵〜〜!!!


あまりに兄さんの対応が素敵だったので、ここがとっても重要シーン
だという事を忘れ果てて見入ってしまいました。
森永君が帰って来て「はっ!これはヤバい!」と気付く始末。
しかし、びっくりしたのは森永君の対応です。
相手が真崎さんだと確信してからの初めてのセリフが

良かった・・・元気だったんだね・・・?

ですよ〜〜〜〜〜!!
しかも、この表情。心底心配していたのが見て取れます。
いい子だ〜!いい子過ぎる〜(´A`。)
こういう時の森永君の優しさ誠実さには、ただただ感動です。

真崎さんにとって、森永君のこの態度は返って胸に突き刺さるかもしれない。
更に訪ねて来たのが真崎さんだと知ってしまった兄さんの表情。
ああ、複雑だ〜〜。
波乱を予感させつつ次回に続いてしまいます。

もう、次回も読んでるので初めて読んだ時ほどヤキモキしていない感想に
なってしまいました。

こんなノンキに書いてるけど、最初読んだ時はめっちゃ動揺したんですよ。
やっぱり読んだ直後と、次を読んでからだと感じ方が違うなぁ。
毎回1ヶ月遅れにならない様、次回分もなるたけ早くあげたいと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「恋する暴君」7章plan.2感想 GUSH2010年10月号 遭難へたれにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる