遭難へたれにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 方言の衝撃

<<   作成日時 : 2008/04/22 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

私は父方も母方も何代も前からずーーっと名古屋市在住という生粋の
名古屋人なのですが、中学の時両親が近郊地にお家を買ったので
現在は名古屋市在住ではないという、微妙な身の上です。

引越した時分は正直言って、名古屋がかなーり悪名高かった時期なので
「これでもう名古屋人と後ろ指さされたりしないのね〜〜」
などど喜んでいました。今でも何だかんだと突っ込みどころは満載ですしね。

しかし、関西人が東京に住んでも関西人なのと同じく、どこに住んで
ようと出身地は出身地、名古屋人は名古屋人なんだけどね。
今は兄さんが名古屋人なので「名古屋人で良かった〜」と単純に
思っています。郷土愛を目覚めさせてくれた兄さんに大感謝です。

何しろウチの家族、車はTOYOTA、味噌汁は八丁味噌、メイン
バンクは三菱東京UFJ(てか東海銀行)野球は中日ドラゴンズ。
新聞は中日新聞に決まってるし、それどころか中日スポーツも取ってるし
(ドラゴンズ情報満載!)デパートは松坂屋に決まっているのです。
おかげ様で、読売新聞を読んだことがないまま成人式を迎えました。

ナベツネがどう偉かったかは、最後まで実感として
わからず仕舞いです。


名古屋の中日新聞度はハンパありません。ご近所や友人知人は言うに
及ばず喫茶店もホテルも置いてあるのは中日だけだし。
友達が最近読売に変えたら

チラシが全く入ってこないので不便極まりない

という事態になりました。恐るべき排他性です。
ここまで、地元物件ですべてを固められてしまって育つと、それが当たり前
だと思うんですよ。まぁ、これはどの地域でも同じでしょうが・・・。
それが良いか悪いかはややこしいので置いといて。
当たり前だと思ってたのが、実は名古屋だけだと知って驚いたものに
ついて書いてみます。

いっぱいありますが、一番はなんと言っても方言です。

有名なみゃーだのだぎゃーだのは、実は昨今ほとんど使われてないので
良いのですが、標準語だと思ってるのが実は方言だったりは
ひっじよおおおおに多い。
つい先週もモード学園のスパイラルタワーズ(名古屋の新名所ぐるぐるビル)
の前を通ってて

「意外と上の方は丸いんだね。もっととっきんとっきんだと思ってた」

という話から「とっきんとっきん」は実は名古屋弁だと言う話になり

「えええええええええ〜!標準語じゃないの〜〜!!」

「じゃあ、鉛筆を削る時には何て言うのよ〜」

と大騒ぎになりました。鉛筆はとっきんとっきんにするのが名古屋人なの
です。つまり鋭いってことなのですが・・・。
ああ!とっきんとっきんのニュアンスを正確に伝えられない自分がもどか
しい・・・。あと、

「やかんがちんちんだから触らないでね」

というのも方言だと知った時は割とショックでした。
いや熱いって意味なんですけど・・・字で書くとひっじょおおおにアレ
ですが、発音が違うから言ってる分には無問題です。
ですから、兄さんがこの方言を言っても残念なことにエロにはなりません。
更に社会人になってから

「お客様がお見えになる」

が方言だと知って吹っ飛びました秘書検定も通るほど丁寧な日本語
だと思ってたので衝撃もひとしおです。もちろん正解は「いらっしゃる」
ですが、今でも各会社の名古屋支店では多分「お見えになる」が優勢です。
あとは

お金をこわす(両替する)
机をつる(運ぶ)
ケッタマシン(じ、自転車です)
えらい(疲れた)
はぜる(破裂する)

なども心の底から標準語だと思っていました。こんな風に信じ込んで
使っている方言は、各県にあるのでしょう。
更に方言とはちょっと違いますが、名古屋人は名古屋駅はめいえきと言い
ます。勝手に読んでるだけかと思ってたら道路標識に「めいえき」と
書かれていたので、名古屋市承認済み なのでしょう(えええっ)

あと、兄さんの通学しているN大は「めいだい」と言います。
別に言ったっていいけど「めいだい」という名古屋人の頭に明治大学は
カケラも浮かんでいない所がポイントです。

ちなみに名古屋で頭の良い人として生まれたら「めいだい」を目指すの
が当然とされます。たとえT大狙える頭でも
「近いし、めいだいにしとけ」
とか言われる高校生は大変多いですそれでいいのか?と思わないでも
ないですが、その風習があったおかげで兄さんはN大にいると思われます。
W大に行く為上京した巴君を、執拗に地元に戻そうとしてたあたりが限り
なく名古屋人ですよ。兄さん!

人間とは上京しようがセレブになろうが、出身地の枷だけは絶対に取る
ことが出来ないものなのかもしれません。
ちなみに、自分名古屋人なのに、生粋の名古屋人と思われる兄さんの
セリフの意味が一回だけわからなかったことがあります。

それは「ダボ」(2巻の2回目えっち参照)

だぼ?何それ?と、それはそれは悩みました。
「ドアホ」のなまったものだと関西の方から教えてもらってやっと
謎が解けました。兄さんはたまに関西寄りの方言もお使いになるのね。
と開眼しました。過去に関西人との交流が?という妄想も膨らみます。

兄さんが、焦ったり、あわてたりすると方言丸出しになっちゃうのが
大変萌えです。私の知ってる名古屋だけで、こんな衝撃的に方言が隠れ潜ん
でるので各地域の隠れ方言なんて、ものすごいことになっていると思い
ます。森永君の福岡弁もちょっと気になるところなので、今度ヒマが
あったら調べてみたいと思います。

お国柄萌えってのもいいですね〜。何でも萌え体質に感謝です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜
方言って深いですもんね。今回、驚いたのは、「えらい」です。うちの地方でも同じ使い方しますよ、しんどいとか疲れたとかいうニュアンス。あと、前にHなさんにコメしたけど、「あんき」とか、若い子でも普通に使います。(気楽とかそういう感じ)
名古屋とここでは(kみKみのある街)相当離れているのに、共通言語が結構あるようで、歴史的につながりがあるんでしょうか。
なんて、まじめに語ってしまいました。
まるこめ
2008/04/23 08:55
「はぜる」って名古屋弁だったんだ〜〜〜?!
かなりびっくりしてます。
こんばんは。お邪魔します。
私は生粋の名古屋人ではないですが、
(どっちかというと、尾張と三河のミックス・・
なんじゃそれ??)
味噌の銘柄とか銀行とか新聞とか、まるっきり
同じで、名古屋人(尾張人?)の血を感じました。
「ダボ」っていうのはわからなかったです。私も。
森永君は兄さんに対して敬語で喋ってるせいか
あまり方言を感じませんね。
一度、福岡弁で兄さんを口説いてもらいたいです〜。





ぐらたん
2008/04/23 20:25
>まるこめさん

こんばんは〜。離れているのに方言が同じだなんて!確かに何か歴史的なものがあるのかもしれませんね。「あんき」も言いますね〜。はっきり方言だとわかる言葉より「ええっこれって方言なの!」って言葉が名古屋は多い気がします。
てか、気付いてない方言はどこの地域にもあるのかもしれませんね。

兄さんがあせると方言が出てしまうのは普段はあんまり方言使わない様にしいてるからかな〜とか、色々気になりますよね。方言もなかなか萌えな世界ですね(*´∀`)
まるこめさんの地元の方言もなかなか興味深いです。機会があったら教えてくださいね〜。
しづく
2008/04/24 21:14
>ぐらたんさん

おおおっ三河と尾張のミックスさんですか!それは割りとすごいと思います。私は大学が三河に近い場所だったので、大学の友達で始めて三河弁に遭遇してすごい衝撃を受けた記憶があります。いわゆる「じゃんだらりん」ですが、美人の友達が「だら」を連発してた時にはびっくりしたなー。「りん」はカワイイと思いました。

ふふふ、味噌の銘柄も銀行も新聞もいっしょですか?それはやっぱりかなーりな名古屋人の血が入ってますよ。ぐらたんさんも仲間〜♪
「ダボ」はやっぱり東海圏の方言じゃないみたいですね。兄さんの経歴がますます気になります。森永君もごくたまに福岡弁になっちゃうことがありますよね。福岡弁は語尾に「ちゃ」をつけるイメージがあります。ラムちゃんみたいだ。
しづく
2008/04/24 21:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
方言の衝撃 遭難へたれにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる